六角穴付きボルト

六角穴付きボルト リンク1 リンク1 リンク1 リンク1 リンク1 リンク1 リンク1

六角穴付きボルトの購入はこちら

特徴

円筒形の頭部に六角形の穴があいているボルトです。締め付けには、六角棒スパナ(六角レンチ)を使います。ボルトとして扱われていますが、多くの場合、ナットと組まないで使われます。キャップスクリューやソケットスクリューとも呼ばれます。
六角ボルトを締め付けるつめのスパナやレンチは、作業するためのスペースを周りに必要としますが、六角棒スパナはスペースを必要としません。そのため、六角穴付きボルトを使うことで、狭い場所での作業や機械の小型化が可能です。その見た目から、デザイン的な使われ方も増えています。
■六角穴付きボルトの強度区分(一部メーカー品に例外あり)
・鉄 生地   12.9
・鉄 メッキ品  10.9

用途

省スペース化による装置の小型化や、高い締め付け力などのメリットがあり 幅広く使われています。特に機械や電気部品に多く用いられています。

用途事例

六角穴付きボルト

■六角穴付きボルト
重たいテレビをテレビ台にしっかり固定するには、強く締め付けられる六角ボルトが適しています。
しかし、このような狭い場所ではスパナやレンチを使うスペースがとれません。
こんなときには六角穴付きボルトです。スペースがなくても、強い締結力でしっかり固定します。

六角穴付きボタンボルト

■六角穴付きボタンボルト-JIS B 1174-
丸みを帯びた頭の形が特徴の、六角穴付きボタンボルト。ボタンキャップとも呼ばれています。同じサイズの六角穴付きボルトと比べると、六角穴の大きさが小さくなっています。

六角穴付き皿ボルト

■六角穴付き皿ボルト-JIS B 1194-
頭の形が皿になっているので、出っ張りが気になるところでも使えます。すりわり付きボルトより、強く締め付けることができます。また、六角穴付きボタンボルトと同じく、六角穴の大きさが六角穴付きボルトより小さめです。皿キャップとも呼ばれます。

六角穴付きボルトの種類-JIS B 1176-

ねじのピッチ ねじの呼び径の範囲 対応国際規格
並目ねじ 1.6~64mm ISO 4762:2004
細目ねじ 8~64mm ISO 21269:2004

六角穴付きボルトの代表的なサイズ

<単位 mm>

ねじの呼び M2 M2.5 M3 M4 M5 M6 M8
円筒部の径 3.80 4.50 5.50 7.00 8.50 10.00 13.00
頭部の径 3.80 4.50 5.50 7.00 8.50 10.00 13.00
頭部の高さ 2.00 2.50 3.00 4.00 5.00 6.00 8.00
呼び長さ 3~20 4~25 5~30 6~40 8~50 10~60 12~80
ねじの呼び M10 M12 M16 M20 M24 M30 M36
円筒部の径 3.80 4.50 5.50 7.00 8.50 10.00 13.00
頭部の径 3.80 4.50 5.50 7.00 8.50 10.00 13.00
頭部の高さ 2.00 2.50 3.00 4.00 5.00 6.00 8.00
呼び長さ 3~20 4~25 5~30 6~40 8~50 10~60 12~80

※ECサイトでも取り扱いが御座います。サイズ表をクリックして下さい。

六角ボルトの購入はこちら